妊娠しやすい体位ってあるの?

妊娠に向けてタイミングをとっているカップルにとって、「妊娠しやすい体位」で、妊娠の確率が上がるなら、チャレンジしたいと思うのは当然ですよね。

私たちの生殖機能は、精子が膣内に入れば、子宮に向かって泳いでいくようにプログラムされているため、浅いところで射精しても、深いところで射精しても、妊娠するときはするんです。

そのため、セックスの体位によって妊娠率が変わるとは考えられませんが、妊活中は、より深く子宮の入り口付近に射精して、子宮内までの距離を縮めることができれば、よりたくさんの精子が泳いでいくことが出来ます。

より深部で射精することを目的とする排卵日のセックスでは、スムーズに挿入できる体位はとても重要です。

痛みやひっかかりのない、気持ちいいセックスは、女性側の潤いやオーガズムだけでなく、精子にとっても良い環境が作られるからです。

自分のベストな体位を知る

男性のスムーズな挿入をうながすためには、自分のベストな体位を知る必要があります。

ちなみに、私が自分のベストな体位を知ったのは、不妊専門クリニックで卵胞チェックをしていた時でした。

「あなたは子宮後屈だから、正常位よりも横向きか、バックスタイルの方が奥まで届きやすいですよ」と体位のアドバイスを受け、子宮に向きがあることを知りました。

なんとなく、この体位はスムーズで、この体位は痛みがある、と感じていましたが、体位によるストレスは、子宮後屈が原因だったのかもしれません。

とくに、排卵日のセックスは、パートナーに確実に射精してもらうため、少しくらいの痛みは我慢しよう、と思う女性がほとんどではないでしょうか。

子宮の向きによって、パートナーが挿入しやすい体位、自分にとっても痛みがない気持いい体位があるなら取り入れたいですよね。

自分の子宮の向きを知る

自分の子宮の形や向きがどうなっているか、気にした事がない方がほとんどだと思いますが、子宮の位置や向き、形には個人差があります。

子宮が前屈か後屈かは、エコーや内診で簡単に調べることができますが、ほとんどの女性が、前側(おへそ側)に傾いていて、2割ほどが後ろ(背中側)に傾いていると言われています。

正常の女性の約80%は子宮がおなか側に傾いており、これを子宮前屈といいます。残りの20%は子宮が背中側に傾いていて、これを子宮後屈といいます。他に病気がなければ子宮後屈そのものは正常ですが、骨盤内の炎症や子宮内膜症などによって子宮の背中側に癒着があり、そのために前屈のものが後屈になっているのであれば、不妊症としての治療や手術を要することがあります。

出典:https://kamiyaclinic.com/faqs/

医療法人社団不妊治療専門クリニック 神谷レディースクリニックより

子宮が前屈の場合は、向かい合う体位

子宮の向きが前屈の場合は、正常位や横向きの体位をとることで、スムーズに挿入することができ、深い位置で射精することができます。

子宮が後屈の場合は、後ろ向きの体位

子宮の向きが後屈の場合は、バックスタイルや女性がうつ伏せになる体位で、子宮を少し前に傾けてあげるような体位をとることで、スムーズに挿入することができ、深い位置で射精することができます。

前にも書きましたが、この体位を取れば必ず妊娠できる、妊娠率が上がる、ということではありません。あくまで、妊活の一つとして知っておく程度でいいと思います。

また、パートナーにはこの体位で射精してほしい、と伝えるのは慎重に、もしくはやめた方がいいかもしれません。

男性にとって、排卵日のタイミングというのは、少なからずプレッシャーを感じているものです。

指定した体位が、射精しやすい体位ではなかったら、タイミングそのものが失敗に終わってしまいます。

パートナーにプレッシャーを与えないように、自然にベストな体位にうながせるといいですね。

どの体位でも痛みを感じる場合

子宮の向きにあった体位でも、挿入時に痛みや苦痛を感じてしまっては元も子もありません。

精子に良い環境は、女性側に十分な潤いがあってこそ作られます。

痛みやストレスが原因で潤い不足になってしまっては、精子にも良い環境とはいえません。

痛みの原因が、挿入の角度や動かし方など、テクニカルな問題なら、パートナーとゆっくり話し合う時間をもつことも大切です。

どういう風にしてほしいか、どの体位に痛みを感じて、どの体位が気持ちいいか、愛情をもって話せばパートナーもきっと分かってくれるはずです。

痛みの原因が、膣の乾燥や潤い不足によるものなら、ローションや潤滑ゼリーを活用するのも一つですね。

タイミングの後の姿勢は?

タイミングの後は精子が流れ出てこないように、じっとしている方が多いと思いますが、子宮が前屈の場合は、仰向けで足腰を上げてしばらくそのままに、子宮が後屈している場合は、うつ伏せで腰を上げておくのが良さそうですね。

まとめ

子宮の向きによってスムーズに挿入しやすい体位はありますが、それだけにこだわりすぎず、お互いにとって気持ちいい体位で仲良くするのが一番です。

排卵日のセックスがプレッシャーとならないように、普段からパートナーと何でも話せる雰囲気をつくって、大切な排卵日を迎えてくださいね。