自然妊娠可能な年齢と確率!最高齢記録は?

女性の社会進出や晩婚化が進み、いざ赤ちゃんが欲しいと思った時には、卵子の老化や卵巣年齢が壁になり子作りが思うように進まない、卵巣年齢や卵子の老化という言葉も結婚後に初めて知ったという方も多いのではないのでしょうか。

加齢によって妊娠率が低くなることは分かっていても、いつまで自然妊娠が可能なのかは気になるところですよね。

ここでは、自然妊娠について年齢別に妊娠できる確率や妊娠のためにできることをご紹介します。

自然妊娠の確率は?

女性は35歳を過ぎると、卵巣機能と女性ホルモンの分泌量が低下し始めることが分かっていますが、一周期あたりで自然妊娠する確立はどれくらいあるのでしょうか。

◆ 年代別に見た自然妊娠の確率

・25歳 25%~30%
・30歳 25%~30%
・35歳 18%
・40歳 5%
・45歳 1%

まず目に飛び込んでくるのは、45歳の1%という数字です。感覚的に45歳という年齢はまだまだ高齢とは言えませんが、ホルモンの分泌や妊娠に関しては高齢になってしまうんですね。

昔の寿命で考えたら納得できますが、今の女性の平均寿命87歳対して45歳が妊娠のリミットというのは本当に早すぎます。

30歳までは妊娠率30%を保っていますが、35歳になると18%に下がり、40歳になると5%にまで下がります。30歳から40歳の間で30%→5%と妊娠率が急速に低下するわけです。

女性にとって30代は何を優先するか、仕事と結婚の間で悩むという話もあちこちで聞きますし、不妊治療は嫌だからという理由で自然妊娠にこだわる方も多くいます。

ですが45歳というボーダーラインを超えたら、どんなに頑張っても2度とそこに戻ることはできません。

20代でも確率が30%なのを考えると妊娠自体の確率がとても低いのに驚きます。それだけ妊娠というのは奇跡の賜物なんです。

30代を過ぎたら子作りを自然に任せるだけじゃなく、病院での検査やタイミング指導も視野に入れて貴重な時間を有効に使ってほしいと思います。

何歳まで妊娠、出産できるの?


核心をついたテーマですが、妊娠率や難しいことは置いといて、女性の体は何歳まで妊娠出産可能なの?という疑問はありますよね。

インドでは卵子提供を受けた72歳の女性が妊娠したニュースが報じられましたが、卵子提供なので自然妊娠ではありません。

日本人でもアメリカで卵子提供を受けて体外受精した女性が59歳で妊娠して話題となりました。

世界での自然妊娠の最高齢記録は66歳といわれ、2012年にスイスの女性が66歳で自然妊娠をして双子を出産しています。他にも50代を過ぎて自然妊娠後に出産したとの報告も数例あります。

高齢による自然妊娠はまれなケースですが、治療を受けたとしても60歳を過ぎての妊娠、出産はすごいことですよね。

女性の潜在的な力は数字に出すことは出来ませんが、世界には色々な人たちが奇跡を起こしています。

高齢になればなるほど医療の手助けによって妊娠の可能性を高めることができるわけです。

赤ちゃんを授かり育む喜びは、自然妊娠て授かっても、不妊治療で授かっても違いはありません。

妊娠へのプロセスは、倫理観や宗教観などそれぞれの価値観があると思いますが、病院が嫌だ、怖い、痛そうなど、治療のマイナスイメージだけで自然妊娠にこだわっているなら、薬を使わない治療方法もあることを知ってほいと思います。

自然妊娠にこだわって妊娠可能な時期を逃してしまうのは本当にもったいないことです。

自然妊娠の確率を上げるためにできること


赤ちゃんを授かるために、自然妊娠にこだわる必要はないと思いますが、薬の副作用やリスクを考えると自然妊娠で授かるのが理想ですよね。

赤ちゃんを授かるためには、着床しやすい体内環境が大切です。自然妊娠を望むならなおさら、体を温めて血流を良くし、ホルモンバランスを整えるように心がけましょう。

毎日使える冷え性対策グッズ5選

◆卵子の質を高める食事

年齢を重ねると卵子の減少や老化は避けられないため、少しでも質の良い卵子を育てるためには生殖機能を活性化することができる栄養をしっかり摂ることが大切です。

野菜中心の食事で肉、魚、炭水化物などをバランスよく摂るようにし、老化の原因となるアルコールや、体を冷やすカフェイン、むくみの原因となる塩分は控えるようにしましょう。

自然妊娠のためには、抗酸化作用の高い緑黄色野菜や豆類、納豆やヨーグルトなどの発酵食品を積極的に摂とって質の良い卵子を育てたいですね。

◆巡りを良くして栄養を届ける

健康的な妊娠出産のためには、適度な運動やリラックスする時間を積極的に設けるなどして、体の調子を整えることも大切です。

とくに骨盤周りの血行がよくなると、子宮にも栄養が行き届いて受精卵の着床率がアップするとも言われています。

加齢によって固くなりがちな骨盤周りを温めたりストレッチするのが効果的です。

またウォーキングなどの全身運動を取り入れることで質の高い睡眠を得られることもできます。

妊活に効果的なウォーキング方法は?

◆ストレス解消でホルモンアップ

ストレスを感じると、脳にある視床下部がストレスを感じて生殖ホルモンの分泌を抑制してしまうと言われています。

するとホルモンのバランスが崩れて月経周期の乱れや排卵機能の低下に繋がってしまいます。

年齢とともに女性ホルモンの分泌量が減って自然妊娠の確率も下がってしまうので、スムーズなホルモン分泌のためにも自分なりのストレス発散方法を知っておきたいですね。

妊活は女性だけが努力するものではなく、男性の協力も必要です。

精子は溜めてしまうよりも新しく作られたものの方が運動率が良いという研究結果も出ていますので、排卵日以外でも夫婦生活をとることが自然妊娠の確率を上げる最大のポイントかもしれません。