妊活中の女性に。市販の漢方の種類や選び方

※この記事は現役の薬剤師が監修しています。

妊娠を希望しているけれども、病院での不妊治療を受けるのはまだ少し抵抗があるという方はいませんか?

漢方薬は妊活を始めようとしている方や、自然の力を借りて妊娠したいと思っている方にとって、妊娠力を高めるための選択肢の一つとなります。

しかし、漢方といっても「どんな漢方を選べば良いのかわからない」、「どこで購入できるか分からない」という方もいることでしょう。

そこで、市販されている漢方の中から妊活中の方におすすめの種類と使い方などについて紹介していきます。

なぜ妊活に漢方が適しているのか?

妊活と漢方

妊活というと西洋医学では排卵日を確認して妊娠する確率を高めたり、排卵促進剤などを用いたりする不妊治療が行われます。でも、不妊治療というとちょっと身構えてしまったりしませんか?

確かに妊娠の確率は高まる方法ではありますが、費用がかさんだり、体質によっては副作用に悩まされたりする人もいます。

一方で、漢方の場合は飲んですぐに妊娠できるという方法ではありませんが、一人一人にあった漢方薬を選ぶことで妊娠しやすい身体を作っていくことができます。

さらに、「冷え」や「血行不良」などの影響で妊娠しにくい状態にある場合に、西洋医学では直接対応できる治療法がありません。

漢方であれば「未病」と呼ばれる病気の手前の状態でも治療する対象であり、特に冷えや血行不良などは得意分野です。

身体の状態を整えて妊娠しやすい状態を作っていきたいと考えている方に、漢方は妊活の選択肢の一つとしておすすめです。

市販の妊活におすすめの漢方薬と選び方

妊活に役立つ漢方薬の選び方

漢方薬は病院で処方してもらう方法と漢方薬局で相談する方法、市販品を購入する方法などがあります。

まずは、気軽に試してみたいという方にとって、自分で選んで使える市販の漢方薬は頼れる存在です。

そこで大事なのが自分にあった種類の漢方薬を見つけることです。漢方薬は西洋薬とは違い、体質によって適したタイプが異なります。身体のどの部分のバランスが乱れているかによって、適した漢方薬を使うことが大切です。

実際に市販の漢方薬には多くの種類があるので、特におすすめの種類と選び方について紹介します。

当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散は婦人科の三大漢方にも選ばれる代表的な漢方です。次のような症状やお悩みのある方に適しています。

・やせて体力が少ないタイプ

・月経異常、月経不順に悩んでいる

・めまい、立ちくらみがある

・足腰が冷える

・むくみや耳鳴りに悩んでいる

・顔が青白い、貧血気味

当帰芍薬散は「血」の不足を補い、血流を促す作用がある漢方薬です。古来より「安胎薬」とも言われています。特に、冷えに悩んでいる体力の少ないタイプに対応し、体を温めて血の巡りを良くしてくれます。

市販薬でもツムラやクラシエなどの各メーカーから販売されているので手に入り易い漢方薬です。

温経湯(うんけいとう)

温経湯も女性に用いられることの多い漢方薬で、特に生理不順や生理痛などに悩む方の治療によく使われます。次のような症状やお悩みのある方に適しています。

・月経サイクルが安定しない

・手足がほてり、唇がかわく

・体力は中程度以下、あまり丈夫ではない

・生理が短い周期でくる

・毎月生理が来ない

温経湯には月経周期をコントロールするホルモンの分泌を足りていない場合には促進させ、過剰な場合には分泌を抑える作用があることが分かっています。黄体機能不全がある人にも対応する漢方です。身体を温めて血行を促し、女性ホルモンの乱れを整えます。ツムラやクラシエ、ロート製薬などから販売されていて、市販でも手に入りやすい漢方薬です。

参考資料:https://yaechika-clinic.jp/%E4%B8%8D%E5%A6%8A%E7%97%87

八重洲地下街クリニック

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

婦宝当帰膠はイスクラ薬局で販売されている漢方薬で、女性誌などでも度々紹介されているので知名度の高い商品です。古典に収載されている処方である上の2つと異なり、イスクラ薬局のオリジナル処方となります。次のような体質の方におすすめです。

・冷え性、お腹が冷える

・月経不順

・乾燥肌である

・便秘がち

・疲れやすい、低血圧ぎみ

・眠りが浅い

「気」と「血」を補う生薬が配合されていて、貧血や冷え性、肩こり、月経異常などの女性によく見られる不調に対応します。この漢方薬はシロップタイプであり、粉薬が苦手な場合でも飲みやすい形状になっていることが特徴です。

通常のドラッグストアなどでは売られておらず、イスクラ薬局で購入することができます。

妊活中の体調管理の一つとして漢方を活用してみよう

妊活に適した市販の漢方薬を紹介してきましたがいかがでしたか?漢方薬はそれぞれの体質に合ったタイプを選ぶことが大切です。

もし探すのが難しい場合は漢方薬局や病院で相談してみると良いでしょう。なお、漢方薬は即効性を期待して使うものではないので、じっくりと身体を整える目的で活用することをおすすめします。