卵子の成長に必要なビタミンDの効果的な摂取方法

ビタミンDは脂溶性ビタミンの1つで、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。食事から補うだけでなく、日光に当たって体の中で作られることから、サンシャインビタミンとも呼ばれています。

ビタミンDは、ビタミンEやCに比べるとあまり聞き馴染みのない栄養素ですが、最近では妊娠に必要なビタミンとして、専門家の間でも注目が集まっている栄養素なんです。

ビタミンDが高いと妊娠率も上がる!?

ビタミンDと妊娠について、3つの研究結果が出ています。

40歳以上の女性では、血中のビタミンD濃度が高い女性ほど、AMH(卵子の残りの数を予測する値)が高いことが分かりました。これは閉経前の388名の女性を、35歳未満、35~39歳、40歳以上に分けて、ビタミンDとAMHを測定して調べた結果です。つまり、ビタミンDの欠乏は、生殖年齢後半の女性にとって卵巣予備能の低下につながることが分かったのです。

体内のビタミンDの濃度が高い女性ほど、体外受精の妊娠率が上昇していることです。体外受精の際に採取した、84名の女性の血液と卵胞液に含まれるビタミンDの濃度を測定しました。すると、卵胞液中のビタミンD濃度が1ng/ml高くなると、妊娠率が6%高くなることが分かりました。

ビタミンDは習慣流産のリスクを下げるということです。アメリカの研究チームが3回以上の流産を繰り返している女性133名を対象に、血中のビタミンD濃度と自己抗体などの自己免疫マーカーとの関連や、試験管内のビタミンDの細胞免疫への影響を調べました。その結果、半数弱の63名がビタミンDが30ng未満のビタミンD不足であり、ビタミンDの濃度が正常な女性に比べ、習慣性流産の原因となりうる抗体が陽性の女性が多かったのです。

参考文献:『卵子の老化に負けない「妊娠体質」に変わる栄養セラピー』(2017)

ビタミンDが妊娠に必要な栄養素となることが、次々に明らかになっているのです。

ビタミンDは骨やカルシウムへの働きの他に、細胞の成熟を助ける役割を担っていることが分かっています。妊活に必要なビタミンとしてビタミンEやCが注目されてきましたが、ビタミンDも妊活に非常に大切な栄養素なんですね。

ビタミンDの生成には日光浴

ビタミンDは、食事からだけでなく、日光で紫外線を浴びることで皮膚に入り込み生成される珍しい栄養素です。日常生活で日光に当たっていれば、ビタミンD不足にはなりにくいですが、美白を気にしたり日照時間が短い地域、また季節によって、現代人はビタミンD不足になりやすい傾向があります。

日焼け止めの使用で紫外線をカットしてしまうため、念入りすぎる日焼け対策はビタミンD不足の原因に。日照時間の短い冬は、体内でビタミンDが作られる量は約1/4にまで下がります。

シミなど皮膚への影響が気になりますが、週に2~3回、1日5~30分の日光浴が必要です。日焼けが気になる方は、メラニン色素がない手のひらを太陽にかざすだけでも効果があります。

季節にあった服装を心掛け、息抜きに日中外に出るなど些細な行動から始めてみましょう。朝日を浴びるとサーカディアンリズムと呼ばれる体内時計がリセットされて、朝日を浴びた16時間後に眠くなるように体のリズムが整います。朝一番は太陽に向かって伸びをするのも、妊活のひとつとしておすすめです。

どうしても日光浴に抵抗がある方は、食事やサプリメントから上手に補っていきたいですね。

ビタミンDの多い食品は?

ビタミンDの必要摂取量は、成人5.5µg 妊婦・授乳期7.5µg。食材では、しめじやエリンギ、まいたけなどのキノコ類と魚類のほとんどに含まれています。

脂溶性ビタミンであるビタミンDは、油と摂ると吸収率がグンとアップします。熱にも強い栄養素だから、調理方法を選ばないのもうれしいですよね。

どちらかと言うと過剰摂取に気をつけたい栄養素で、上限量50µg/日と決められていますが、この上限量は通常摂取の10倍量です。よほどの量を摂取しない限り、摂りすぎてしまうことはありません。

日光に当たり、魚やきのこを摂り入れた食生活を心掛けましょう。

男性にもビタミンDが効果的!

ビタミンD不足が影響するのは女性だけではありません。日々新しく作られる精子には細胞の増殖を助けるビタミンDが欠かせず、精子の数や質、運動率を維持してくれます。

ビタミンD以外の栄養素も含めてバランスよく食べることが大切ですが、ビタミンDは妊活にあまり注目されてこなかった栄養素です。妊娠の要ともいえる卵と精子のために、ビタミンDの摂取を体づくりの一環として取り入れていきたいですね。