普通の体温計で基礎体温は測れない?

基礎体温から排卵日や生理日を予測する計算方法は、1924年に荻野久作氏が発表した理論で、いまでも「オギノ式」と呼ばれています。

基礎体温は、生理周期やホルモンバランスを把握するために、妊活中はより正確な排卵日を知るために検温している方も多いと思います。

毎朝一定の時間に専用の婦人体温計で検温し、それを折れ線グラフにしますが、オギノ式による排卵日計算の正確性から妊避妊目的で測っている方もいます。

普通の体温計でも測れる?

いつ?

正確な基礎体温を知るためには専用の体温計が必要ですが、婦人体温計を買うのはちょっと面倒だし(高いし)、普通の体温計でも測れるのでは?と思った方もみえるのではないでしょうか。

脇に挟んで測る一般的な体温計では、36.7など0.1までしか表示されませんが、婦人体温計では36.72など0.01まで細かく表示されます。

詳細な体温を測ることができるメリットもありますが、より正確な排卵日を予測するためには「実測値」を測る必要があります。

5分の検温は長い?予測値って何?

基礎体温は基本的に5分間、舌下で検温する「実測値」を使いますが、検温中に寝てしまって口から外れて何度も測り直しになるなど、「5分は長い」と感じている方も多いと思います。

いまは様々な婦人体温計が売られていて、20秒ほどで測れる予測値の体温計もあります。

予測値でも基礎体温として大まかな数値は把握はできますが、実測値と予測値では若干のズレが生じることがあるんです。

昔の水銀体温計は体温の最高上昇値まで何度か確認しながら5分~10分ほどかけて実測値を測っていました。

現在の一般的な体温計は、1分もかからずにピピピッと体温が測れますよね。なかには5秒で検温できる赤ちゃん用の体温計もあります。

これは「予測値」を採用しているからなんです。

予測値とは、平衡温を短時間で分析・演算した値を表示する方式で、10分後の平衡温がどのくらいになるのかを多くの人の体温データから統計的に算出した数値のこと。

風邪などで熱を測る場合、例えば実測値が36.4度で予測値が36.5度でも、さほど誤差を気にすることはありませんが、基礎体温となるとそうはいきません。

先日、店頭に来られたお客様の話で、基礎体温がガタガタで病院で見せたら、「きちんと測ってますか?」と言われ、「10秒くらいで測れる体温計を使ってます」と答えたら、先生から「きちんと5分間測ってください」と言われたそうです。

婦人体温計にも予測値で測れるものが出てきましたが、せっかく0.01まで細かく測っているのに、予測値の微妙なズレはあまりよいとは言えません。

やはり実測で測ったほうが正確で安心感があります。

基礎体温を測っている方ならお分かりかもしれませんが、例えば高温期に36.69から翌日に36.60になると、たった0.09の動きでも心配になったりするものです。それくらい基礎体温はデリケートで正確性が大切なのです。

口の中(舌下)で測るのはなぜ?

口の写真

基礎体温といえば口の中で測るのが基本ですが、脇で測ってはダメなんでしょうか?

体温計メーカーのオムロンさんに問い合わせてみました。

私:「測定部位によって体温に違いはあるんですか?」

オムロン:『弊社での調査では、「耳>口中>わきの下」とわきよりも口中の検温値が高い人が多いことがわかりました。人によって異なりますが、わきと口中では約0.5℃程度値に差がある場合がございます。検温部位(わきと口中)が異なる場合は、測り比べることはできません。』

私:「どうして基礎体温は専用の婦人体温計でなければダメなんですか?」

オムロン:『基礎体温は微妙な体温差が重要になるため、小数点第2位まで測れる婦人体温計が必要でございます。』という回答でした。

基礎体温を口の中で測る理由は、脇よりも体温が高く、外気に影響されずに体温を測れる場所としてベストだということは分かります。

また、予測値よりも実測値のほうが正確だということも分かります。

ただ、小数第2位まで細かく検温した値と、少数第1位までの値とでは、グラフにどれくらい差があるのでしょうか?

少数第1位と2位の体温でグラフを書いてみた

どれくらい違うのかな、と気になったので実際にそれぞれを折れ線グラフにしてみました。

基礎体温折れ線グラフ

少し見にくいかもしれませんが、上が少数第2位の体温まで書いたグラフで、下が少数第1位の体温のグラフです。

画像を見てのとおり、ほとんど変わりません!(笑)これには正直驚きです。

少数第2位の数値は細かいところまで書き込んでいるわけですから、当然大きな違いが出ると思っていました。

グラフにしてしまえばそこまで細かい数値は関係ないということですね。

だったら細かくする必要ないじゃん!と思いますが、数値だけを見るとやはり少数第2位まで測った体温の方が正確に検温できている安心感はあります。

まとめ

基礎体温は細かい体温の動きによって排卵日や生理周期の予測をするので、体温は予測値よりも実測値で検温し、外気に影響されない口の中(舌下)の方がより実体温に近くなります。

舌下に体温計を入れても途中で口をあけてしまうと正確ではなくなるので、舌の下に体温計を入れたら挟み込むように口をとじてしっかり5分間(体温計による)測るのがポイントです。

体温の数値は、少数第1位も2位もグラフにすればそこまで差はありませんでしたが、細かい体温の動きを知るには婦人体温計を使うのがおすすめです。

毎朝5分間の検温は大変ですが、妊娠を目的としている場合は婦人体温計の実測値で測ることが大切ですね。

基礎体温表アプリを使って分かったメリット・デメリット

ノート型の基礎体温表がおすすめの理由とは?