高温期の基礎体温は何度?

自分の生理周期を知るために基礎体温をチェックしていると、きちんと二相に分かれているかが気になるところですよね。妊活中で基礎体温からタイミングを取っている方は、低温期から高温期への移行する排卵期から、高温期がちゃんと来てるのかもしっかりチェックしたいですよね。

高温期って何度ならOKなの?高温期の正常値ってあるの?という疑問も出てきます。妊活に備えたい方、今まさに妊活中の方も、理想的な高温期はどういうものかみていきましょう。

高温期の正常な体温は何度?

低温期が長い方の特徴について
あなたの平均体温は何度ですか? “人の体温は37度”といわれますが、37度では熱っぽくて体がだるい人もいますよね。体温は一日のうち変動するので一定ではありませんが、だいたいの人が36度台ではないでしょうか。

もう少し細かい体温を調べるためには基礎体温を測ります。基礎体温とは人間が生きるために最低限必要とする体温のこと。起きてすぐに基礎体温を測るのは、ちょっとしたことで変動する体温を同じ条件下で調べるためです。

女性の場合、排卵後から体温が上昇して高温期に入り、生理がくると体温が下がります。低温期も高温期も何度が正常値?と思いますが平熱違いがあるため高温期の正常体温というのはありません。基礎体温からの平均値を見ることになります。

高温期の平均的な体温は36.5~37.0度。でも体温は人それぞれですので、この数値内に収まらなくても慌てることはありません。

一番大事なのは二相であること

高温期の体温が平均値の中に入っていることよりも大事なことは、低温期と高温期の体温がはっきり違うことです。高温期には低温期より0.3~0.5度、体温が上昇しているのが理想です。

低温期よりはっきり体温が上がり、その状態が安定して続くことが高温期として大事なポイントです。体温が二つの状態になるので、“ニ相を示す”といいます。

二相を示すことが重要だということは、まずは低温期の体温を知る必要がありますね。基礎体温を正しく測り自分の体温を知れば、高温期なのか、体のトラブルによる発熱なのか判るようになります。

精神状態が体温を左右することもあるので、寝る前に一日を振り返って、体の状態や出来事を一言書いておくのも、体調を把握する助けになるでしょう。

高温期だ!とわかる曲線になってますか?

kisotaionhyo
高温期になる前、排卵前にがくんと一度体温が落ちるとよく言われますが、落ちない人もいます。体は人それぞれ。体温が落ちなくても、体温がぐんと上がり、ここまでが低温期、ここからは高温期とはっきり判ればOKです。

ただ、低温期と高温期の境目がわかりにくいのはちょっと困りものです。高温期は低温期の平均より体温が0.3度以上高いのが理想です。それは排卵した卵胞が黄体に切り替わり、ホルモンをきちんと出し始めたことを意味するからです。

体温がほんの少しずつしか上がらない場合、ちゃんと排卵されていない可能性もあります。自分の高温期がどのように移行しているかを確認してみてくださいね。

ホルモンバランスを整えるのが大事

卵胞ホルモンと黄体ホルモンが活発に分泌されれば、基礎体温は二相に分かれます。体温が人それぞれとはいえ、平均より大幅に低い低体温の人は、普段の生活のなかで温かい体を作り体温アップを心がけましょう。

体温が低いと体が冷え、トラブルが起こりやすくホルモンバランスも乱れやすくなります。逆に体が温まると体内の活動がより活発になり、ホルモンバランスが整い、排卵がきちんと行われ、低温期と高温期が二相になりやすくなります。

妊活中の女性ホルモンバランスを整える4つの方法

基礎体温を楽しくつけましょう!

しっかりと自分の体の特徴やリズムを把握するために、基礎体温チェックはかかせません。排卵があってちゃんと高温期があるかどうかは、自分自身がつける基礎体温が教えてくれます。

数値にこだわってストレスを溜めるより、自分の体がどのように変化するかを知るために、のんびり基礎体温をつけるのがオススメです。

高温期のお悩みどうすればいい?お悩み解決ページはこちら