若年性更年期と不妊の関係

若年性更年期にはっきりした定義はありませんが、50代前後で起こる更年期の症状がそれよりも若い20代、30代で起こることを言います。

最近では「プレ更年期」とも呼ばれ、若くして更年期の症状を感じている方が増えています

20代から30代は妊娠を希望して妊活に取り組む女性が多く、今すぐでなくてもいずれは妊娠したいと考える年齢です。30代、40代になると、更年期に似た症状など体の変化を感じやすい時期でもあります。

若年性更年期はホルモンバランスの変化で現れるため、これから赤ちゃんを迎える女性にとっては見過ごせない症状です。妊活中ならなおさらですよね。

若年性更年期と不妊の関係や、気になる症状への対処方法などをまとめました。

若年性更年期と更年期の違いは?

一般的な更年期は、50代前後(45歳~55歳くらい)の年齢に伴う卵巣機能の低下によって現れる症状です。

母親世代がイライラしたり、汗が止まらなかったり、ホットフラッシュ(顔がカッとほてる)などで辛い思いをしているのを、傍で見てきた方も多いのではないでしょうか。

年齢とともに卵子の減少や卵巣機能が低下し、FSH(卵胞刺激ホルモン)が分泌されても卵巣からエストロゲンが分泌されず、視床下部が混乱してホルモンバランスが乱れることから様々な症状が引き起こされます。

更年期の症状

・月経周期の変化(生理不順)
・ホットフラッシュ、のぼせ
・発汗
・抑うつ
・頭髪の薄毛
・ヒゲが濃くなる
・不眠
・だるさ
・手足のしびれ
・陰部の痛み
・萎縮性膣炎
・イライラ
・やる気の低下
・物忘れ

若年性更年期は加齢によるものとは違い、卵巣機能は正常でも何らかの原因で自律神経が乱れて脳からの指令が届かず、エストロゲンが分泌されずに無月経や更年期様の症状が起こります。

不規則な生活習慣や過度なストレス、急激な体重の増減など、外的要因が大きいと考えられています。

緩やかに生理周期が変化するというよりは、生活習慣や環境の変化などで急に生理周期が変化したり、またその状態が続いている方は若年性更年期の可能性があるかもしれません。

images (1)

若年性更年期は未婚や既婚に関わらず、仕事を持つ女性の割合が多いそうです。

忙しくて・・・とそのままにしておくと、40歳前後で月経がなくなる早発閉経や、不妊症に繋がる可能性があります。

生理が何ヶ月もこなかったり、イライラ、のぼせ、吹き出物、ヒゲが濃くなるなど、いつもと違う症状があれば、病院でホルモン値を調べることが大切です。

若年性更年期でも妊娠できる?

若年性更年期は脳から卵巣への指令がうまく伝わらないだけで、分泌できるエストロゲンはもっている場合がほとんど。わかりやすく言うと、宝の持ち腐れ状態です。

高温期に現れるPMS(生理前症候群)、不妊治療中の薬による卵巣機能の低下などと混同しやすいですが、

自律神経が整えばエストロゲンが分泌されるようになるため、若年性更年期の症状が現れても早めに対応することで重症化せずに、妊娠しやすい体を取り戻すことができます。

若年性更年期の症状をセルフチェック!

生理不順が続く、動悸や息切れ、顏のほてりや汗が良く出る、以前より怒りやすくなったなど、更年期の症状と今気になる症状を照らし合わせてみましょう。

症状をまとめておくと、受診するときに医師に伝えやすくて安心です。基礎体温をつけると、どこが乱れているのか自分でホルモンチェックができます。

若年性更年期の改善方法

不規則な生活習慣は今すぐ改善しましょう。規則正しいというと堅苦しくて一歩を踏み出しにくいですが、今の食事や睡眠状況を見直して、出来ることから取り組みましょう。

ストレスによる自律神経の乱れは、とにかくリラックスする時間を作ることです。

緊張状態が続くと、交感神経ばかり働き体にも負担がかかります。リラックスを心がけて副交感神経を働かせてあげましょう。更年期の改善には、ゆったりした散歩や、長めのお風呂が効果的と言われています。

環境の変化や仕事のストレスは、すぐに対応できるものではないかもしれませんが、スケジュールの調整や趣味の時間を持つなど、気分転換できる時間を作るようにしたいですね。

早めに婦人科を受診する

若年性更年期かどうかを調べるには、血液検査でFSHとエストラジオールE2の値で診断が出来ます。

どこの婦人科でもホルモン値を調べることができますので、体の変化や症状の出やすい時期を把握して早めに受診しましょう。

基礎体温を付けている方はグラフを持参すると、ホルモンチェックの参考になります。基礎体温を計っていない場合は、前回の生理日をメモしておくと問診のときに役立ちます。

診察やホルモン値の結果によって、ホルモン補充療法や自律神経調整剤が処方されます。生理不順の時期が長い方は、ピルで調整することもあります。

今は心理チェックからストレス分析をする病院もあります。心理的ストレスがある場合は、お薬や心療内科で心のケアをします。

まとめ

若年性更年期は、早めの対応で改善できます。

婦人科を受診するのは勇気のいることですが、将来的に妊娠を希望する方、妊活中の方は自分の体について知るチャンスだと思って、早めに相談してみましょう。

生活習慣の改善に、サプリメントを活用している方もみえます。

ホルモンバランスを整えるマカや、エストロゲンに似た成分を含むザクロエキスで、若年性更年期の改善や妊活に取り組むのも一つです。

マカが妊活に良いとされる理由を徹底解説

ザクロが妊活に良い理由!エストロゲンが卵胞を成長させる