高温期のお悩みにおすすめの商品

妊活中の健康をサポートするサプリやお茶など、
高温期のお悩みにあった商品を紹介しています。

高温期のお悩み

  • 全体的に体温が低い、
    低温期がずっと続く
  • 高温期が14日間続かない
  • 高温期の途中で体温が下がる
  • 子宮内膜が薄いと言われた
  • 冷え性で年中手足が冷たい
高温期と着床のお悩みイメージイラスト

高温期は10日あれば大丈夫?

高温期の基礎体温グラフ

高温期とは、排卵日から月経開始までの期間のことを言います。高温期に黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されると、子宮内膜が厚くなり体温が上がります。

高温期の数え方は、排卵日を0日目として次の生理開始日までを数えます。高温期は10日以上と言われることも多いですが、着床を維持できるふかふかな子宮内膜のためには、12~14日続くことが理想です。15日以上続く場合は、妊娠の可能性があります。

高温期が続かない主な原因とは?

  • 卵子の成熟が十分でなく黄体形成が上手くいかない
  • 指令を出す性腺刺激ホルモンや黄体形成ホルモン(LH)の分泌が少ない
  • ホルモンは分泌されていても卵巣や子宮の感受性が鈍りホルモンを受容できていない

高温期が14日間あっても、黄体ホルモンの量が不十分だと、途中で体温が低くなったり、子宮内膜が厚くならないことがあります。黄体機能不全は基礎体温から判断できないこともあるので、ホルモン値や子宮内膜の厚さを病院でチェックすることも大切です。

高温期だけど体温が低い…
子宮内膜が育ちにくい?

「高温期なのに体温が低い」

「低温期と高温期の体温の差がない」

この2つは、似ていますが別のお悩みです。高温期へ移行しても36.5度以下だと、なんとなく体温が低いような気がしますよね。

一般的には低温期と高温期の差が0.3~0.5度あれば、排卵されていて高温期へ移行しているという目安になります。全体的な体温が低くても、低温期と高温期の差があれば大丈夫です。

腹巻きと靴下のイラスト

高温期の途中でさらに体温が上がることを二段階上がりとも言われ、妊娠している可能性が高いとも言われていますが、実際はホルモンの数値をみないとわかりません。高温期の範囲で体温が上がったり下がったりすることはよくあります。妊娠している周期でも上がり下がりは見られます。

冷え性の方は、早めに冷え改善に取り組むことが大切です。子宮や卵巣に栄養を送るのは血液です。温かい巡りのよい体づくりは、妊娠への近道になります。

高温期を維持するために!

ビタミンEと良質なたんぱく質は、高温期に必ず摂りたい栄養素。

黄体ホルモンの分泌に欠かせないビタミンEは、別名「子宝ビタミン」と呼ばれ、妊娠の準備に欠かせないビタミンです。

高温期が短い、低温期からグッと上がらない、階段型に高温期に移行する、など高温期に関するお悩みの方はビタミンEが不足しているのかもしれません。

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ることで、繰り返し効果を発揮することができます。ビタミンEを多く含む食品は、アーモンドや鰻などが代表ですが、毎日効率的に摂取するには、1日分のビタミンEとCがしっかり補えるサプリメントがおすすめです。

たんぱく質は、筋肉や組織をつくるために必要な栄養素です。子宮内膜もたんぱく質からできています。高温期には、良質なたんぱく質をしっかり摂ってほしいですね。

タンパク質とビタミンE食材のイラスト

たんぱく質といえば豆腐など大豆製品に多く含まれていますが、植物性たんぱく質よりも、動物性のたんぱく質のほうがアミノ酸のバランスが整っています。

動物性たんぱく質が手軽に摂れる卵は、加熱すると吸収しやすいたんぱく質になるのでおすすめです。

卵子の質を高める抗酸化Wビタミン
カムカムプラスE

最強タッグのビタミンE+C

高温期を上げて維持するには黄体ホルモンの分泌が不可欠ですね。黄体ホルモンを元気に分泌させるために欠かせない栄養素がビタミンEとCです。

カムカムプラスE

2つのビタミンを1日2粒で補える『 カムカムプラスE 』は、妊活中に必須のサプリメントですビタミンEやカムカム果実の皮や実には抗酸化作用もあり、卵子や子宮内膜の質にも効果が期待できます。

着床に必要なビタミンEと、抗酸化にビタミンCをカプセルにギュッと詰めました。
カムカムプラスE

ナッツの抗酸化パワーで内膜の質UP
無塩アーモンド

ビタミンEたっぷりおやつ♪

アーモンドには、黄体ホルモンの分泌に必要な「ビタミンE」が豊富に含まれ、オレイン酸が活性酸素を除去。卵子や子宮内膜の老化が気になる女性におすすめです。ノンオイル、無添加のアーモンドは、低カロリーでダイエットにも。

素焼きアーモンド
着床に必要なビタミンEと良質オイルのオレイン酸
素焼きアーモンド

着床しやすい
温かい体をつくる

温かく巡りの良い体は、子宮に栄養が行き渡り、ふかふかの子宮内膜をつくります。
冷えの改善はちょっと面倒なことが多いですが、赤ちゃんを迎 える体づくりのなかで、真っ先に取り組んでほしいことです。

体の巡りは内側から
(マッサージオイルと生姜)

リンパを流して冷え改善

溜まった老廃物を流すリンパマッサージは、短期間で冷えが改善される方も多くおすすめです。長年の冷えがなくなったとのお声も。

マッサージオイル

お風呂上がりに1日10分のマッサージで下半身の巡りをよくして血液を子宮に送ってあげましょう。
ベタベタせずに使いやすい専用のオイルを使うと簡単にマッサージができます。

リンパマッサージオイル

毎日の食事から冷えを改善する代表的な食材と言えば生姜ですね。パッと使えてレシピの幅が広がる生姜シロップとペーストタイプが、使える!と好評です。

当店の生姜は、生姜を一度蒸して乾燥させた「蒸し生姜」を使用。蒸し生姜には、体の内側から温めるショウガオール成分が豊富で、一般的な生姜よりもポカポカ効果があります。

温め成分たっぷり!ウルトラ生姜

そのまま料理に使える!

有機生姜に有機レモン、キビ砂糖、黒糖だけを使った無添加の生姜シロップ&ペースト。爽やかなレモンの酸味が今までの生姜シロップとはひと味違います!

生姜シロップ&ペースト

生姜シロップ&ペースト

温め成分がギュッ

有機生姜100% 1袋に7キロ分の生姜が詰まってます♪さらっと溶けてパウダータイプは、お飲み物やお料理に手軽にお使いいただけます。

マッサージオイル
有機農家の生姜パウダー

季節に負けない冷え対策!
(腹巻き、くつ下、入浴剤)

食事や飲み物で体の内側を温めることも大切ですが、腹巻きや靴下でお腹周りや足先をしっかり温めることで全体がポカポカになります。天然素材の腹巻きや靴下は、吸湿性がよく蒸れずに快適♪冬の寒さだけでなく夏の冷房対策にも人気です。

安心の日本製で子宮まわりを温めたいですね。

ぬくいと腹巻き 重ね履き靴下
ぬくまる腹巻き 重ね履き靴下

お風呂で温め&リラックス

毎日の風呂は入浴アイテムであったか&リラックス。医師と開発した薬用入浴剤は、高品質のアロマ精油を贅沢に使い、心地よい香りが続きます。

アロマ入浴剤
アロマ入浴剤

温め・乾燥・喉鼻・美肌・眠りの5つの香りから、目的や気分に合わせて選べます。

アロマの香り入浴剤

お悩みから商品を探す

  • 低温期のお悩み
  • 排卵日のお悩み
  • 高温期・着床のお悩み
  • ホルモンバランスのお悩み
  • 年齢によるホルモンのお悩み
  • 男性のお悩み